リンとヒメの散歩道

rinntohime.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:房総半島( 12 )

志駒川の紅葉

2018/11/30



12月を迎えるというのに、なんと温かな日和でしょうか


午前中の庭いじりを終えると、夫が「もみじロード」


行って見ないと誘ってくれました。



富津市にある志駒川の沿線10kmは関東でも一番遅い紅葉と言われています


が、もう終わってしまったのか、どうか何年か前に観た美しい紅葉の様子ではありません。


千葉ナンバーのおじさん2人、大きな銀杏の木を見ながら「これはイチョウじゃないな」と


思わず、私「イチョウですよ!!」と叫んでいました。


おじさんすかさず「いつものイチョウじゃないんだ」と


「毎年来ているけど、今年は台風の影響もあって、残念だ」と



a0207593_23465969.jpg





それでも地蔵堂の滝はいつもと変わらず美しい姿で、出迎えてくれました。







a0207593_00071379.jpg


ピンクに見える紅葉




a0207593_23472161.jpg


それでも少しは



a0207593_23480145.jpg








a0207593_23483147.jpg


小学生の句



a0207593_23485242.jpg





通るたび、この地区の皆さまの温かな心を感じています。


いつも紅葉のように燃えているようです。有難うございます。


by rinntohime | 2018-11-30 23:55 | 房総半島 | Comments(0)

房総丘陵はすごい

2018/11/18



きみつ里山活動ネットワーク主催のバス旅行に参加させていただきました。


行くところは「千葉県立博物館」「チバニアン」「養老渓谷」「久留里ミュウジアム」



県立博物館では、「房総丘陵はすごいと」題して秋の展示会が開催されていました。


海から生まれた大地・・・千葉を構成する地層は


海洋プレートのかけらや深海底~浅い海の堆積物から成り立っていて、


活発な地殻変動で海底から持ち上げられ、陸上に顔をだし私達の目にふれるようになったそうです。







a0207593_00034629.jpg



そこから発生する、地形、地質、植物、菌類、動物、昆虫などの展示


博物館入り口と新種イスミスズカケ



a0207593_23595594.jpg



東アジアのシイタケ類他



a0207593_00002409.jpg



クジラの骨が山から発掘



a0207593_23591200.jpg



濃溝の滝のでき方






a0207593_00155137.jpg







市民の協力




a0207593_00011863.jpg





難しいことはわかりませんが調べてビックリ、新発見の数々


詳しくは、12月24日までに千葉県立中央博物館でどうぞ、



勿論、チバニアンもその一つ


チバニアンは時代、チバセクションは場所(市原市田淵)


田淵会館(地元の会館)でバスを降り、急な坂道を500m下ると、


養老川の川べりにその地層が出現します。



a0207593_23583586.jpg





77万年前に地球の磁場(N極・S極)が最後に逆転したことを証明する地層です。


赤や緑、黄色の印が付いています。「へーこれがその地層」かと(@^^)/~~~

まじまじと見てきました。


説明されても実感がわきませんが、とにかくすごいものを見たのです。





a0207593_00023871.jpg


振り返ると神秘的な景色





a0207593_00005920.jpg



天気に恵まれ、丁寧な説明、勉強家の方々との有意義な1日でした。


房総、きみつ、自然がいっぱいのこの地に越して来て良かったです。




a0207593_00141205.jpg





by rinntohime | 2018-11-19 00:21 | 房総半島 | Comments(0)

袖ケ浦公園・・秋の花

2018/10/25



我が家から1時間ほどの所に、袖ケ浦の公園があります。


お天気に誘われて、ドライブがてら行ってみました。



a0207593_21421686.jpg


秋の花は菊(ポットマム)ぐらいでしたが、お正月に咲く葉ボタンは


びっしり植え付けられていました。



a0207593_21425624.jpg

暖かい秋の日差しの中池のコイやカモ、亀がのんびりウトウトしている様は


心をゆったりさせてくれました。それで充分です。


a0207593_21434029.jpg







a0207593_21263290.jpg







a0207593_21441385.jpg




そこから10分位のところに,蔵波のバラ屋さん[PLANTS]があります。


お隣には[ROSE HIP CAFÉ]があります。バラはちらりと見て


CAFÉでランチ、結局時間つぶしのドライブ・・・(^^



a0207593_21444425.jpg



たまにはいいでしょう・・・・


秋の空があまりにもさわやかなのですから。





a0207593_21455566.jpg


by rinntohime | 2018-10-25 21:34 | 房総半島 | Comments(0)

台風一過

2018/10/01



台風24号、凄まじかったですね


大きな被害はなかったのですが、植木はだいぶダメージがありました


風で根が掘り起こされた、コスモスやコキア、枝豆も随分倒れていました。


とにかく土を盛ったり、折れた枝などの整理をしたり…怖かったのは植物も同じ



それにしても朝から晴れ渡る空、台風一過の猛暑・・こんな日は富士山が見えるかも


早速、海一望のレストラン、金谷マリーナへ遅い昼食‣・・・(^_-)-




a0207593_22532091.jpg

富士山は遠くにうっすらと見えましたが、私のカメラでは・・とてもとても残念



a0207593_23141861.jpg


台風の余波でまだまだ海は荒れていました。


a0207593_22514885.jpg


水も濁っていました

a0207593_22513088.jpg






少し足を延ばして、富浦の原岡桟橋まで行ってきました


勿論桟橋には人の姿は有りません。


静かな時は絶景の桟橋も荒れ狂う海の勢いに


ただただ耐えているという感じでした。

a0207593_22522461.jpg




自然の脅威におびえるのは人間だけではありませんね。


by rinntohime | 2018-10-01 23:02 | 房総半島 | Comments(0)


2018/07/20



この暑さの中、おいしいお寿司が食べたくてドライブがてら、


鴨川(千葉県)の「松鮨」に行つてみました。
その店は駅前の路地の奥にありました。


a0207593_11543384.jpg


先代が漁師さんだった事もあり懐かしい飾り物などが所狭しとありました



a0207593_11553340.jpg






a0207593_11541400.jpg






a0207593_11590362.jpg





メインの地魚寿司や大きなつみれ汁はもちろん絶品



a0207593_12062508.jpg




a0207593_12002557.jpg



オーナーの気さくな人柄とおかみさんの明るさが


暑さも吹っ飛ぶ爽快感、美味しくて、楽しくて、良いお店でした。

ここまで来たのだからと、イベントで何度か訪れたことのある


アンティークホテル(ラ・ミラードール)に立ち寄り「お茶時間」




a0207593_11594480.jpg



a0207593_12073432.jpg

a0207593_12071902.jpg



a0207593_12075653.jpg




ゆっくり休んで帰宅・・・・暑い日の一日でした(^_-)-


by rinntohime | 2018-07-20 12:14 | 房総半島 | Comments(0)

2018/06/10



千葉に越して来て、その存在を知りました。


小さな子供の握りこぶしほどの房州ビワ、皮をむく手に滴り落ちる甘いつゆ


お世話になった方に、夏の贈答として送りました。

a0207593_23065880.jpg

東京の友人から、ビワ狩りに行けなかった、残念な話を聞き


久し振りに、贈る事にしたのです。


ドライブを兼ねて南房総に出向き、


生産者の店から送らせてもらいました。


以前より小ぶりでしたが、味は十分美味しかったです。


a0207593_23074517.jpg


県知事賞に輝きました。



a0207593_23072128.jpg

一つづつはかりにのせて選別




栽培現場を見たかったのですが、お店の方が指さした場所が


山の上、とてもいかれる場所ではありません。

a0207593_23075963.jpg




いかに大変な仕事かと感心しきり、


お客様がビワ狩りをする場所は別の所に用意されているとの事でした。



このビワ園に「だいだい」の樹があり、大きな実をつけていました。


経営者の奥様が嫁に来たとき、代々(だいだい)繁栄するようにと


珍しい斑入りのだいだいをお祝いに頂いたそうです。


確かに大きな実と、後ろにはまだ小さな実が並んで付いていました。


a0207593_23081017.jpg

江戸時代の中期、房州ビワは江戸の市場に出荷されたという


記録もあるそうです。


明治42年から皇室に献上され品評会もあります。



江戸の庶民も食べたビワ、そんな思いで頂きましよう(^_-)-

一味違うかもよ


by rinntohime | 2018-06-10 23:22 | 房総半島 | Comments(0)

房総のむら

2018/06/05



一度行ってみたいと思っていたのですが、中々機会がなかった房総のむら

a0207593_20513685.jpg

商家の町並み(江戸時代後期から明治初期)

a0207593_20494847.jpg


瀬戸物屋さん




成田方面で用事を済ませ、いそぎ向かった。閉館30分前、


店は閉まり、観客はまばら、でも海外の方を乗せた観光バスが一台乗客を待っていた。



静まり返った村は、駆け足で見るのに丁度良かったかもしれない
それでも見損なった下総と安房の農家、体験コーナーは次回として

商家の町並み、武家屋敷、上總の農家を回ることが出来た。

a0207593_20523114.jpg



農家の入り口の魔除け


a0207593_20510576.jpg



上總の農家


a0207593_21022089.jpg





庭と畑
a0207593_21024027.jpg



ドラムの里のお土産コーナーで買い物
この器、地元の陶芸サークルの方の作品380円,350円、(安くて素敵)
お米はコンテスト入賞米を購入

a0207593_21102822.jpg


もう一度ゆっくり散策したり、体験したり、
見学したりで房総の昔からの生活味わってみたいところでした。

千葉の成り立ち、歴史と自然


所在地〒270-1506 千葉県印旛郡栄町龍角寺1028

tel 0476-95-3333
月曜休館、
開館時間9:00~4:30 行事により変わる
入場料、一般300円,高・大学生150円
中学生以下と65歳以上は無料

ホームページ http://www2.chiba-muse.or.jp/MURA/




by rinntohime | 2018-06-05 21:38 | 房総半島 | Comments(0)

2018/03/18



房総半島の南・内房には夕日の美しいスポットが数多くあります


その中でも、一度行ってみたいと思っていた原岡海岸に行ってみました


a0207593_23225334.jpg




そこは富浦・・・(^_-)-☆、千葉に引っ越してきた頃


「大きなビワ」があると買い求めに来た南無谷海岸から南に下ったところでした。


その頃ここにそんなに素敵な桟橋があるとは知りませんでした。



海に伸びる桟橋、渡る部分が木で出来ていて、とても素朴で情緒があります


お天気のよい日は桟橋の先の方に、富士山が見えるとの事でした。


ダイヤモンド富士などを映しにカメラマンが沢山見えるそうです。


夕日が沈むと裸電球で桟橋が照らされロマンチックな桟橋


人影のシルエットなどあったら最高!!


でも満ち潮の時に突端まで行くのは至難の業、


波にさらわれた人もいたようです。


ああ、想像しただけでも胸が躍ります。





a0207593_23235144.jpg






a0207593_23231220.jpg






a0207593_23245833.jpg






a0207593_23241114.jpg



3月に入って2度も訪れました。


海岸を見下ろす小さな丘におばあさんが腰を掛けていました


「いつも綺麗な海を見られて良いですね」と声をかけました。


そこは散歩で疲れた近所のお年寄りたちのたまり場でした。


九十九里からお嫁に来たので海が大好きという、その人は


「いつでもここにいるから、又、来てくださいよ」と


2度目にも確かにそこに座っていました。


a0207593_23232826.jpg

何気ない話ですが人との出会いは旅をさらに楽しいものにしてくれました(^^
夕日の落ちるまではいられませんでしたが鋸南で美味しいお魚料理を頂きました
ご主人ご自慢の干物も美味しかったです。

a0207593_23252320.jpg


栄丸
安房郡鋸南町吉浜526-2 ホームページsakae-maru.net
営業時間   9:00から19:00  火曜定休(祝日営業)





ここで見た夕日



a0207593_23342499.jpg





道すがらに咲いた寒緋桜

a0207593_23251151.jpg



近くの旅でしたが本当に心洗われましたa0207593_23484551.gif

a0207593_23494223.gif
a0207593_23492104.gif


a0207593_23490734.gif



a0207593_23492104.gif



a0207593_23494223.gif



by rinntohime | 2018-03-18 23:55 | 房総半島 | Comments(0)

気分転換の旅

2018/02/12



昨晩テレビで大原漁港の絶品の「タコしゃぶ料理」が放映されていました。


美味しそうな映像につられて大原漁港へ・・タコ、タコ、タコと唱えながら


来てみましたが、チラシには1~3月の日曜日の日付け、しかも港の朝市(AM8:00~12:00


残念、今日は休日といっても、月曜日だった (@_@)

a0207593_00413120.jpg





a0207593_00420679.jpg




a0207593_00415569.jpg


それでも漁協直営の「いさばや」さんが営業、「タコ飯御膳」にありついた。

a0207593_00421517.jpg

タコ





漁港を後にし、以前から一度行ってみたいと思っていた勝浦の鵜原海岸に立ち寄ってみました。


与謝野晶子らも愛したといわれる「鵜原理想郷」がありました。


ハイキングコースなどもあるようですが、今日はとりあえず、海・・を見に。


もの凄い風と荒々しい波が海岸に寄せていましたが、


小さな子供を連れた若いパパが波際で遊んでいました。


a0207593_00431266.jpg


太平洋の荒波に侵食されたリアス式の海岸の、海の色と言い、形と言い、


その美しさは「日本の渚・百選」に選ばれているだけあって私の心も魅了されてしまいました。


今日はここが遠浅とは思えないほどの荒波でしたが、


静かな時にまた来てみたいです。






a0207593_01044116.jpg





a0207593_00424753.jpg





a0207593_01062775.jpg


先日、読売新聞のこどもの詩に


a0207593_00443072.jpg



という詩が掲載されていましたが、心のお祭り・・何と素敵な言葉でしょう

この,鵜原海岸を見たとき、私の心にもお祭りが始まった気がしました。



by rinntohime | 2018-02-12 11:00 | 房総半島 | Comments(0)

夕日を追いかけて

2018/01/25



雪の降る何日か前、お昼ご飯を食べそこなったので、


早、夕飯に「お魚でも食べたいね」という事になりました


お魚を食べるなら竹岡にある、お魚屋さんの磯料理「まるとし」さんです


海に面しているので何度か夕日の沈むころに出かけたことがあります


魚料理は新鮮で勿論おいしいのですが、量もたっぷり、


それにご主人,女将さんともに気さくで明るく気持ちの良い接待振りで気に入っています。


a0207593_11474105.jpg

食事は終えた頃、夕陽が沈みそうになりました。


ここで見るかそれとももう少し、房総半島を南下して観るか??


a0207593_11481492.jpg

まるとしさんから見た夕日


もちろん、車に飛び乗り夕日と追いかけっこ


勝山海岸あたりで沈みそう・・・車を降りて撮影


間に合いました。人はなぜ夕陽を観て感動するのでしょうか(@_@)





冬の海は静かですが何人かの人影がカメラを構えていました。


後で場所を確認すると夕日の綺麗な撮影スポットらしいです。

安房郡鋸南町勝山海水浴場、



a0207593_11524027.jpg





a0207593_11531030.jpg





a0207593_11493415.jpg



a0207593_12090603.jpg



a0207593_11484879.jpg

夕日の落ちた後の沖合の無人島


東京湾からの荒波が打ち付けられた沖合の無人島(浮島)


明るい時にもう一度来てみたい海岸でした


by rinntohime | 2018-01-25 12:04 | 房総半島 | Comments(0)

季節の移り変わりと里山生活


by rinntohime