リンとヒメの散歩道

rinntohime.exblog.jp
ブログトップ

房総丘陵はすごい

2018/11/18



きみつ里山活動ネットワーク主催のバス旅行に参加させていただきました。


行くところは「千葉県立博物館」「チバニアン」「養老渓谷」「久留里ミュウジアム」



県立博物館では、「房総丘陵はすごいと」題して秋の展示会が開催されていました。


海から生まれた大地・・・千葉を構成する地層は


海洋プレートのかけらや深海底~浅い海の堆積物から成り立っていて、


活発な地殻変動で海底から持ち上げられ、陸上に顔をだし私達の目にふれるようになったそうです。







a0207593_00034629.jpg



そこから発生する、地形、地質、植物、菌類、動物、昆虫などの展示


博物館入り口と新種イスミスズカケ



a0207593_23595594.jpg



東アジアのシイタケ類他



a0207593_00002409.jpg



クジラの骨が山から発掘



a0207593_23591200.jpg



濃溝の滝のでき方






a0207593_00155137.jpg







市民の協力




a0207593_00011863.jpg





難しいことはわかりませんが調べてビックリ、新発見の数々


詳しくは、12月24日までに千葉県立中央博物館でどうぞ、



勿論、チバニアンもその一つ


チバニアンは時代、チバセクションは場所(市原市田淵)


田淵会館(地元の会館)でバスを降り、急な坂道を500m下ると、


養老川の川べりにその地層が出現します。



a0207593_23583586.jpg





77万年前に地球の磁場(N極・S極)が最後に逆転したことを証明する地層です。


赤や緑、黄色の印が付いています。「へーこれがその地層」かと(@^^)/~~~

まじまじと見てきました。


説明されても実感がわきませんが、とにかくすごいものを見たのです。





a0207593_00023871.jpg


振り返ると神秘的な景色





a0207593_00005920.jpg



天気に恵まれ、丁寧な説明、勉強家の方々との有意義な1日でした。


房総、きみつ、自然がいっぱいのこの地に越して来て良かったです。




a0207593_00141205.jpg





名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by rinntohime | 2018-11-19 00:21 | 房総半島 | Comments(0)

季節の移り変わりと里山生活


by rinntohime