リンとヒメの散歩道

rinntohime.exblog.jp
ブログトップ

アボリジナル・アート

2018/01/10



エアーズ・ロックでの最後の日、朝から激しい雨でしたが、昼からは抜けるような青空


ホテルのロビーに置いてあった「ヘリコプターから見るエアーズ・ロック」のパンフレット


乗ってみたい、見てみたい、と行動に移っていました。幸い4時からなら乗れますよとの回答


上空610Mから見たエアーズ・ロックとカタ・ジュタ(約30KM離れているが奇岩群)は


平らな草原に横たわる大きな岩と遠くに見える壮大な岩山


地球の不思議なパワーを感じずにはいられませんでした。


a0207593_23141500.jpg

上空から見たウルル





a0207593_23144980.jpg

カタ・ジュタ



a0207593_23153690.jpg


ヘリコプター「15分」の夢のフライト



エアーズ・ロック(アボリジニの呼び名はウルル)

アボリジニにとっては神聖な聖地で20191026日から観光客の登山は中止になります。


エアーズ・ロックの名称はイギリスの植民地だった時の総督のヘンリー・エアーズ氏からとったとの事


ここはやはり「ウルル」と言うべきかもしれません。

今回の旅では夜半に稲光、夜中から朝は雨と2泊とも満天の星は見ることが出来ませんでした。が


アボリジナル・アート(地上に現存する最も古い伝統を誇るアボリジニの人達が描く絵画)に


感動しました。伝達手段の一つから生まれた芸術で点描画、原始の芸術と言われています。




a0207593_23131950.jpg




もっとよく下調べをして行けば良かったのですが、現地で見るまでは知りませんでした。


ホテルのクリスマスツリーの装飾が素晴らしいので気が付いたのです。





a0207593_23362014.jpg





a0207593_23364594.jpg





a0207593_23363248.jpg


空港で見つけたクッションカバーは私の大事な宝物になりました。




a0207593_23104970.jpg






名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by rinntohime | 2018-01-10 23:28 | | Comments(0)

季節の移り変わりと里山生活


by rinntohime