リンとヒメの散歩道

rinntohime.exblog.jp
ブログトップ

5年目の目覚め❀❀❀

2017/05/18

5~6年前に友人から頂いたサボテン、ほんの5~6センチ切り取ってもらって

大事に育ててはいました、が、花も咲かず、

ただひょろひょろとほそい枝が伸びていました。

それが、5~6年たった今、花開きました。

どうも孔雀サボテンだったらしいです。

ふっくらとしたつぼみも可愛らしく


a0207593_22434087.jpg


花開くとまた可愛らしく豪華で素敵!!



a0207593_22415232.jpg




5年間の愛を育んだカップル誕生のおめでたいニユースに

あやかった我が家のサボテンでした(@^^)/~~~


[PR]
# by rinntohime | 2017-05-18 22:47 | Comments(0)

女王蜂は死にました

2017/05/10

そろそろ、スズメ蜂の女王を殺さなければなりません。

4月~6月に女王を殺しておけばその後 働き蜂は誕生しないからです。

昨年、久留里千年の森のキミジイから教えて頂いた通り

酒(ワイン等も可)と砂糖と酢・・・2:1:1の割を

切り込みを入れたペットボトルに入れ4月中旬から

木に吊るしておきました。





a0207593_20515975.jpg




a0207593_20375178.jpg


梅の木の下のボトルの中には女王蜂が折り重なるように

10匹以上死んでいました。他の木に吊るしたものにも数匹入っていました。




a0207593_20392270.jpg



懐かしい昭和のヒット曲に「ハチのムサシは死んだのさ」という歌がありました

女王蜂が死んだのは麦畑では無くて我が家の梅の木の下でした

45年も前にヒットした曲ですが口をついで出てきました。

きっとまだどこかに潜んでいる事でしょう。

全滅?するまで吊るします。の心意気です。



a0207593_20381687.jpg

ツキヌキニンドウ


a0207593_20384625.jpg
                 
クレマチス




a0207593_20402181.jpg
初めてのイチゴは愛らしいものです。
 毎日、何粒か赤くなります。


     田植えもほとんど済んで、
     里山の緑は一段と深みを増して美しくなりました。


[PR]
# by rinntohime | 2017-05-10 20:53 | Comments(0)

2017/05/03

東京での用事を済ませ、旅気分で久里浜からフェリーで帰宅途中

以前お邪魔したカフェ・「えどもんず」 でコ-ヒーを飲んでいこうと

立ち寄りました。

飛騨高山から移築した合掌造りの古民家(築235年)


a0207593_23303020.jpg


a0207593_23305123.jpg




a0207593_23250693.jpg



東京在住のマスターが本格的なコーヒーを飲ませてくれます。




a0207593_23261354.jpg




a0207593_23275430.jpg




a0207593_23254306.jpg

何気なくテレビを見ていたら、NHKで以前、放映された「DVD」でした。

ふるカフェ系「ハルさんの休日」第1話でした。

何とそのテレビに、マスターや金谷の知り合いの方々も出演されていて

物語風になっていました。

出演している金谷の人々の演技が自然で違和感なく、見入ってしまいました。



a0207593_23241882.jpg


                DVD頂いてしまいました

a0207593_23283059.jpg


ふる・カフェという言葉も初めて知りました。

そこで、古民家談義が始まり、思いがけず楽しい時間を持てました。

ゴールデンウイークは特別な予定はないのですが、

こんな出会いが嬉しかったです。



カフェ・エドモンズ

299-1861 千葉県富津市金谷2185-2

070-6478-7778

www.edomons.net

cafe@edomons



              様子を見に来た猫ちゃん



a0207593_23270222.jpg
               どこか懐かしく、どこか新しい


[PR]
# by rinntohime | 2017-05-03 23:42 | Comments(0)

a0207593_23151655.jpg
2017/04/30

毎日がGWみたいな生活をしているので、特別な事はないのです

とにかく庭仕事に追われています。が

次々と花開く春の花や新緑の山の緑に癒されています。

風の無い温かな朝、水を張った田んぼに山の緑が映し出されます。

どこかの避暑地に来たような気分で写真を撮りました。

この景色は水を張った田んぼに苗が植えられるまでの期間しか見られません




a0207593_23235826.jpg




庭の花も黄色ばかりが目立った(スイセンなど)時期からカラフルな色合いに

変わっています。




a0207593_23165767.jpg
                  シャクナゲ





a0207593_23174051.jpg
                   モッコウバラ





a0207593_23183226.jpg
                   タイム




a0207593_23202509.jpg
                  エビネ



a0207593_23223221.jpg
                   スズラン





a0207593_23161230.jpg





a0207593_23214376.jpg
                   カニサボテン?





a0207593_23193048.jpg
 
                  アジュカなど

読売新聞の子供の詩に

草 (遊佐小喜(さき))さんの詩

「もしも わたしが 草だったら どこにでもある 草なのさ」

とありました。

同感です。と私も言いたいです。

今は庭の花が友達です。


[PR]
# by rinntohime | 2017-04-30 23:36 | Comments(2)

たった2人の田植え

2017/04/23

里山の田んぼは水が張られ、まるで一夜にして池か湖かと

思えるほどとても美しい景色です。

カエルの鳴き声も一段と声が張り上がり窓を開けてはいられません。

時々、カラスが裾まくりして、何かを物色しています。

山の緑は、柔らかい色で心が和みます。里山の一番良い季節かもしれません。

そんな中、少し先の田んぼの田植えが始まりました。




a0207593_00012445.jpg




ご主人が機械で苗を植えています。奥様もその周りで何か忙しそうに働いています。

ご主人と奥様の絶妙のコンビで、朝から夕方までせっせ、せっせと働き、

片付け、帰って行きました。田んぼには見事に、苗が植え付けられていました。

そんな様子を横目で見ながら、私たちも夏野菜の苗や花を植えました。

今、我が家の庭も春の花が日々変化しながら咲いています。




a0207593_00030967.jpg

 
                  芝桜




a0207593_00060664.jpg



a0207593_00040727.jpg
                   アイリス

a0207593_00084722.jpg
                   姫🍏の花




a0207593_00020532.jpg
                   
                   右近桜(黄色い桜)





a0207593_00075263.jpg
                   シャガとふたりしずかとぎぼうし





a0207593_16195864.jpg



草取り、花柄とり、種まき、苗の植え込みと大変、と思いながらもやめられない(^_-)-

腰を伸ばしながら、もう少し、もう少しと頑張っています。

「人生は短いから、不幸になってる暇なんてないの」(ターシャ・テューダーの言葉)

私の好きな言葉ですが、ちょっとニュアンス違うかな…まあいいか(@^^)/~~~


[PR]
# by rinntohime | 2017-04-24 00:22 | Comments(3)

愛犬と散歩で健康生活めざします。


by rinntohime